←トップ頁へ

和名 マンディビラ
漢字表記
別名・異名 ディプラデニア
古名
語源 和名は、学名(属名)から。※備考参照。/属名は、ブエノスアイレス駐在だったイギリス公使H.マンデビルの名に因んでいる。
学名 Mandevilla spp.
英名 Chilean Jasmine/Mexican Love Vine
仏名
独名 ↑マンデビラ・サンデリ種
伊名 ローズ・ジャイアント種→
西名 Mandevilla
葡名 Mandevilla
漢名 文藤
植物分類 キョウチクトウ科チリソケイ属
園芸分類 蔓性常緑小低木
用途 路地植え生け垣/パーゴラ/鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 情熱、歓喜、繊細
解説 マンデビラ属に属する植物は、キョウチクトウ科の蔓性常緑低木である。葉は光沢のある鮮緑色で、長さ6㎝前後の長楕円形で、対生する。4~9月頃にかけて葉腋に散形花序を出し、花を見せる。花径、花色は種類によって異なるが、葉の形状は漏斗形である。
履歴 ディプラデニア(Dipladenia)属はマンデビラ属と近縁種であるが、我が国へは渡来していない。/マンデビラ属の我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 マンデビラ・ボリビエンシス種→
古典2
季語
備考 ※ディプラデニア(Dipladenia)属はマンデビラ属と近縁種であるため、本種をディプラデニアとみなしてしまい、それが今日、我が国の園芸界では一般的な流通名となってしまっている。