←トップ頁へ

和名jp マメザクラ
撮影:GKZ/日光植物園


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
   撮影地:東京都薬用植物園↑    
漢字表記 豆桜
別名・異名
another name
フジザクラ(富士桜)
ハコネザクラ(箱根桜)
古名old name
語源
etymology
和名は、花の小さい桜の意。
別名のフジザクラは、富士山や箱根地方に多く自生が見られることから。
属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。
種小名は「鋭く裂けた」の意。
学名sn Cerasus incisa Thunb. Ex Murray
英名en
仏名fr
独名de
伊名it  
西名es
葡名pt
漢名 ch  
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉小高木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(富士山・箱根を中心に八ヶ岳~伊豆半島まで)
花言葉 高尚・純潔・心の美・優れた美・精神美・淡白
解説
description
マメザクラは、バラ科の落葉樹である。関東地方の限られた地域に分布するサクラである。樹高1m以下でも開花する。3~4月頃に、白色又は淡紅紫色の花を見せる。花弁は5個で長さ1㎝前後。
履歴
県花・国花 静岡県:函南町木
古典1
古典2
季語
備考