←トップ頁へ

和名 マメーア・シアメンシス
漢字表記
別名・異名 サラピー(タイ語名)
古名 雄花→
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、西インド諸島での現地名Mammeyを語源としている。/種小名は「タイの」の意。
学名 Mammea siamensis
英名 Salapee
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名   撮影地:タイ・
葡名 ワット・プラパトム・チェディ
漢名 雌花→
泰名 สารภี
植物分類 テリハボク科マメーア属
園芸分類 落葉高木
用途 公園樹(熱帯地域)/食用(果実)/用材/薬用(葉)
原産地 タイ・ラオス・ヴェトナム・カンボジア
花言葉
解説 マメーア・シアメンシスはテリハボク科の常緑樹である。樹高は10~15m程度。葉は短い葉柄を持った革質の長楕円形で、長さは15㎝程度、葉の縁部は全縁、先端部は鈍頭で、枝先にまとまって対生する。2~3月頃、白色4弁で、椀状の花を枝に幹生状に多数つける。雌雄異花。花後の果実は径2~3㎝程度の核果で橙塾する。
履歴 葉姿→
県花・国花 タイ王国パヤオ県:県花県木
古典1
古典2
季語  
備考 果実→