←トップ頁へ

検索名   マッ・ファイ(タイ語名)
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑ ↑撮影:GKZ/とちぎ花センターにて↓
和名 ワンピ
漢字表記 黄皮
別名・異名 マッ・ファイ(タイ語名)
古名 撮影地:富山中央植物園
語源 和名は、中国名から。
属名は、17世紀デンマークの僧侶Peder Claussenへの献名。
種小名は原産地での現地名Langsat或いはLangsaをラテン語化したもの。
学名 Clausena lansium
英名 Wampee,Wampi
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 黄皮、黄弾、黄段、黄皮子、黄皮果、黄皮葉、毛黄皮、果子黄
泰名  มะไฟ 
植物分類 ミカン科クラウゼナ属
園芸分類 常緑小高木
用途 食用(果実:生食・ジャム・ゼリー・ジュース)/薬用
原産地 中国~インド
花言葉
解説 ワンピはミカン科の常緑樹である。樹高は3~5m程度であるが、最大では10mを超すと言う。ミカン科の樹木であるが、幹や枝には刺は無い。葉は奇数羽状複葉で枝に互生する。小葉は、短い葉柄を持ったほぼ楕円状で、5~13個がつく。葉の縁部は全縁、先端部は鋭頭となる。葉には強い芳香がある。3~5月頃、枝先に総状花序を出し、白色~黄白色で、径2㎜程度の小花を多数つける。花後の果実は、径2~2.5㎝程度の卵形で黄熟し、多数の果実が房状に下垂する。
履歴 本種は、東南アジア諸国では多数栽培されているが、近年、オーストラリアやハワイ等でも栽培されている。我が国でも栽培が成されている。
県花・国花
古典1
古典2
備考