←トップ頁へ

検索名  マクロザミア・コムニス   
和名 ヤブオニザミア  
漢字表記 藪鬼ザミア  
別名・異名 マクロザミア・コムニス  
古名  
語源 和名の語源については不詳。自生地の様子並びに樹姿からの命名か。
属名のギリシャ語のmakros(=大きな)とzamia(=松ぼっくり)の合成語から。
種小名は「普通の」の意。 
学名 Macrozamia communis
撮影者:東京都 山口米子様 

撮影地:筑波実験植物園
英名 Common zamia
Cycad
Burrawang
Burrewong
Australian cycad
Burrawang palm
仏名 Macrozamia communis
Burrawang
独名
伊名 Macrozamia communis
西名 Zamia
Burrawang
葡名 Macrozamia
漢名 鬼鳳尾蕉
植物分類 ソテツ科マクロザミア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地)
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヤブオニザミアはソテツ科の常緑樹である。本種は、マクロザミア属の中でもオーストラリアでは最も多く見られる種である。また、各家庭で庭園に植えられていることも多いポピュラーな種でもある。だが、本種は妙な特性を有しており、樹高が判明しない。というのは、幹がほとんど地中に隠れているからだ。したがって、葉はすべて根生葉のようにも見えてしまう。葉は光沢を持ち、濃緑色で、長さは2m程度である。オーストラリアの原住民であるアボリジニは、かつてこの実を焼いたり、水に晒したりして食用にしたと言われている。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考