←トップ頁へ

検索名  マクラムトン(タイ語名)  
和名 ナンバンアカアズキ  撮影者:タイのIncola様↑
漢字表記 南蛮赤小豆
別名・異名 アデナンセラ・パヴォニナ/マクラムトン(タイ語名)
古名 撮影地:バンコク→
語源 和名は、外来植物であり、真っ赤なアズキ状の豆を産することから。/属名は、ギリシャ語のaden (腺の) と anthera (葯) の合成語から。/種小名は「クジャクのような」の意。
学名 Adenanthera pavonina
英名 Barbados pride, Coral-wood,
Coralwood, Peacock flower fence,
Red beadtree, Red sandalwood tree,
Red sandalwood, Sandalwood tree,
Saga
仏名 L'Arbre de santal rouge 撮影者:東京都 中村利治様↓ 
独名 Roter sandelholzbaum
伊名 Acacia coral
西名 Arbol de coral,Coralillo peronia,
Peronias chata
葡名 Arolina,Contas-de-rosario
漢名 海紅豆/孔雀豆/相思子
泰名 มะกล่ำต้น
植物分類 マメ科アデナンセラ属
園芸分類 落葉高木
用途 薬用(種子・葉・根)/用材/緑陰樹/装飾品(種子)
原産地 中東~東南アジア
花言葉 タイ・スパン・ブリー:ブンチャワ野菜園にて
解説 ナンバンアカアズキは、マメ科の落葉樹である。樹高は10~20m程度に。葉は2回羽状複葉で対生し、羽片は4~6対、小葉は6~10対で、互生する。原産地では、2~3月頃、葉腋から穂状の花序を出し、黄色い5弁の小花を密生させる。花には芳香がある。莢果の長さは15~20㎝程度で、開裂し湾曲して反り返る。中には、光沢がり鮮紅色の種子を10~12個内包する。
履歴 本種の種子は、大きさや重さが均質のため、金や宝石などを計る時の分銅の役割を果たしたという。因みに、本種の漢名は「海紅豆」であるが、本種は、概して海岸沿いに自生し、種子(豆)の色が独特な鮮紅色をしていることによる。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 等しくマメ科に属するトウアズキの別名にナンバンアズキがあるが本種とは別の植物である。