←トップ頁へ

和名 マキシム
撮影者:東京都 石黒俊樹様
   撮影地:狭山市都市緑化植物園
漢字表記
別名・異名 TANmixa
Joy of Lif
Maxime
古名
語源 和名の品種名の音読みから。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。
学名 Rosa 'Maxim'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種(ドイツ)
花言葉
解説 マキシムはバラ科の落葉樹である。本種はドイツで作出されたハイブリッド・ティハイブリッド・ティ系の園芸品種である。樹高は110㎝程度となる。四季咲き性種で、径10~12㎝程度の八重咲き花をつける。花色は白地にローズ・ピンクの覆輪となる。花形は半剣弁抱え咲きで、花弁数は26~40個程度、開花時には芳香を放つ。
履歴 本種は1993年にドイツのHans Jurgen Eversによって作出されている。
本種は、同年、ドイツのTantau社によりMaxim名で新品種登録がなされている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考