←トップ頁へ

和名 マキバブラシノキ
撮影:GKZ/国営沖縄記念公園にて

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園
 
漢字表記 槇葉金宝樹
別名・異名
古名
語源 和名は、葉が槇(マキ)の葉に似ているブラシノキの意。因みに、ブラシノキとは英名のBottlebrushから。属名は、ギリシャ語で「美しい雄蘂」の意。
種小名は「硬直な、曲がらない」の意。
学名 Callistemon rigidus
英名 Stiff Bottlebrush
仏名 Rice-bouteIlles rigide
独名 Zynderputzer
伊名 Callistemon rigidus
西名 Árbol del cepillo,
Escobillón rojo
葡名 Escovilhão-vermelho
漢名 紅花瓶刷子樹、紅千層
植物分類 フトモモ科マキバブラシノキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 儚い恋
解説 マキバブラシノキは、フトモモ科の常緑樹である。樹高は5m前後に。赤く花のように見える部分は花弁ではなく雄蘂である。萼と花弁はとても小さくて、開花後直ぐに脱落してしまうので目につかないことが多い。花後に、丸い臼状の蒴果が枝の周囲に着く。蒴果はそのまま数年間枝上に残ることが多い。葉は線形または披針形で、長さ5.5㎝程度、幅1~2㎝程度である。
履歴 我が国へは、明治の中頃に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考