←トップ頁へ

検索名  マカムテート(タイ語名) 
撮影者:タイのIncola様

撮影地:タイ・バンコク市内にて



和名jp キンキジュ
漢字表記 金亀樹
別名・異名
otherf name
マカムテート(タイ語名)
古名
old name
語源
etymology
和名は、本種の台湾名(=金亀樹)の音読みから。
属名は、ギリシャ語のpithecos(=愚か者、猿)とellobion(=イヤリング)の合成語から。
種小名は「甘い」の意。
学名sn Pithecellobium dulce
英名en Madras thorn
Manira Tamarindo,
Monkey's Earring
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Guamúchil
葡名pt Mata-fome
漢名ch 金亀樹(台湾名)
牛蹄豆(中国名)
泰名th มะขามเทศ
植物分類 マメ科キンキジュ属
園芸分類 常緑高木
用途use 街路樹・緑陰樹/生け垣/食用(果実)/建築材/染料(樹皮)
原産地
distribution
中米(メキシコ~コロンビア)
花言葉
解説
description
キンキジュはマメ科の常緑樹である。樹高は、10~15m程度に。葉は2回羽状複葉で小葉は長楕円形。葉柄の基部に長く鋭い刺を持つ。花は白色で、花後に長さ10~15㎝程度の莢果を下垂する。莢果は緑桃色でほぼ環状となる。莢果は完熟すると開裂し、白色の果肉を見せる。白色の果肉にくるまれて黒褐色の種子が入っている。1個の莢の中には5~7個程度の種子が入っている。東南アジア諸国ではこの果肉(正確には種衣)部分を食用としている。味はほんのりとした甘さである。
履歴 本来中米が原産の樹木であるが、スペイン人によってインドや東南アジアに種子がもたらされ、土質を選ばず、しかも対塩性・耐乾性にも富んでいるので、街路樹、緑陰樹・生け垣等になどとして普及を見ている。   
 下3枚の写真撮影者:東京都 中村利治様/撮影地・タイ・カンチャナ・ブリー