←トップ頁へ

和名 マイクロ・ワックスフラワー
撮影者:愛媛県 日原由紀子様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園

漢字表記
別名・異名 カメラウキウム・シリアタム
スターリング・ワックスフラワー
古名 撮影地:オーストラリア・パース
      キングス・パーク
語源 和名は、より小形の花をつけるワックスフラワーの意から。因みにワックスフラワーとは、花弁が蝋質で、ワックスをかけたかのように見えることから。
属名は、ギリシャ語のchamai(=小さい)とleucos(=白)の合成語から。
種小名は、「睫毛のような」の意。花冠の縁部の様子を示している。
学名 Chamelaucium ciliatum
英名 Stirling wax flower
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類   フトモモ科カメラウキウム属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え/切り花
原産地 オーストラリア
花言葉 可愛らしさ・繊細
解説 マイクロ・ワックスフラワーはフトモモ科の常緑樹である。オーストラリア西部沿岸地帯の森林地帯に自生する樹木である。樹高は15~120㎝程度。葉は、別掲のワックスフラワー同様に我が国の松葉のような形状の線形であるが、ワックスフラワーのように先端部が尖りを見せず鈍頭となり、葉幅も幾分広くなる。葉の長さは1~4㎝程度で、枝に対生する。花は上部の葉腋に数個づつまとまってつき5弁で花径は1~1.5㎝弱程度。原産地では春~夏に、枝先の葉腋に径15㎜程度で副花冠を持った5弁花をまとまってつける。開花時には芳香を放つ。花色は、白色~淡桃色~桃色等がある。本種は、我が国の園芸界ではマイクロ・ワックスフラワーの名で流通している。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考