←トップ頁へ

検索名  マイ・デーン(タイ語名) 
和名 ピンカド
漢字表記
別名・異名 マイ・デーン(タイ語名)
古名
語源 和名は、本種のインド・ミャンマー名 Pyinkadoの音読みから。/属名は、ギリシャ語のXylon(=木材)を語源としている。/種小名は「木質で硬い果実の」の意。
学名 Xylia xylocarpa
英名 Burma Ironwood,Pyinkado
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 木莢豆、金車木、花梨木、泰国紅花梨、虎皮檀 撮影者:東京都 中村利治様撮影地:タイ・ワット・プラパトム・チェディ
泰名  ไม้แดง 
植物分類 マメ科キシリア属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(建築・造船・車輌)/染料(樹皮)
原産地  インド・ミャンマー・カンボジア・タイ・ヴェトナム
花言葉
解説 ピンカドは、マメ科の落葉樹である。東南アジアの大陸部に自生する高木で、英名ではIron wood(鉄木)とも呼ばれてるように非常に硬い木材であることが知られており、建築界では床材や船舶ではデッキ材としても多く用いられている。また、学名の種小名にも示されているように、材部のみばかりでは無く、果実も板状のユニークな形状であり、非常に硬い事でも知られている。樹高は、30m程度となる。樹皮は、赤灰褐色で、不規則に剥離する。葉は2回羽状複葉で、枝に互生する。小葉は5~10㎝程度の卵形。3~4月頃、前年枝の枝先に散形花序を出し、白色~淡黄色の小花を多数つける。花後の果実は、鎌形の莢果で、果皮は上述のように非常に硬い板状となり、5~7月頃に熟す。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考