←トップ頁へ

和名jp マホニア・ドゥクローイーアナ
漢字表記
撮影者:東京都 中村利治様 

撮影地(全5図):筑波実験植物園

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓


別名・異名
other name
マホニア・マイレイ
古名old name
語源
etymology
和名は旧学名の音読みから。
別名は旧学名の音読みから。
属名は19世紀アメリカの植物学者B.Mc.Mahonの名に因んでいる。
種小名は、フランス人宣教師で中国の植物を採集したDucloux Françoisへの献名。
学名sn Mahonia duclouxiana(=Mahonia mairei)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 長柱十大功労
泰名th ขมิ้นต้น
植物分類 メギ科ヒイラギナンテン属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え/切り花
原産地
distribution
中国・インド・タイ・ミャンマー
花言葉 激しい感情、激情
解説
description
マホニア・ドゥクローイーアナは、メギ科の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高1800~2700m級高地の林地や山の斜面に自生する樹種である。樹高は1.5~4m程度となる。葉は長さ20~70㎝程度の奇数羽状複葉で、小葉は4~9対つく。小葉は革質で、縁部には刺状突起と化した鋸歯を持つ。原産地での開花期は11~4月頃で、枝先に長さ8~30㎝程度の総状花序を出し、黄花の6弁花を多数つける。花後には、径5~8㎜程度でほぼ球状の液果をつけ、5~6月頃には濃紫色に熟す。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考