←トップ頁へ

和名 マヒナ’81
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名の品種名の音読みから。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。/品種名に見られるMahinaとはハワイで女子名表すが、語源は、「Moon」or「Moonlaight」の意であり、さらに、根源的には、Dianaに相当する「月の神」と同義と言うことになる。
学名 Rosa 'Mahina'81'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:日比谷公園
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種:フランス
花言葉 美しい少女・淑やか・温かい心・満足・一時の感銘・愛を待つ・恋の誓い・幸福・感謝
解説 マヒナ'81ははバラ科の落葉樹である。本種は、フランスで作出されたハイブリッド・ティ系の園芸品種である。茎は、半直立生で、樹高は1~1.2m程度となる。本種は丸弁高芯咲きで、花径は10~13㎝程度、花弁数26~40個程度となる。花色はサーモン・ピンクであり、花弁縁部はフリル状となる。開花時には芳香を放つ。
履歴 本種は1981年にフランスのMeillannd International社により作出されている。
交配親はPeace × Fred Edmundsということである。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考