←トップ頁へ

和名 マハチャノック・マンゴー
漢字表記
別名・異名 撮影地:バンコク
古名 ・ベンジャシリ公園
語源 和名は、タイ語名の音読みから。因みに、マハチャノックとは、タイ語で「偉大な家系」或いは「偉大な父親」の意であり、プミポン国王の在位期間が歴史上最も長いことと国王の執筆著書『マハノチャック』を讃える意味で献名されている。/属名は、ギリシャ語のmagnus(=大きい、偉大な)とfera(=~を持った)の合成語から。/種小名は「インドの」の意。/品種名に見られるmamuangとはタイ語でマンゴーを意味し、Mahanochakについては上述の通りである。
学名 Mangifera indica 'Mamuang Mahachanok'
英名 Mahachanok mango,Rainbow mango
仏名  撮影者:東京都 中村利治様
独名 撮影地:バンコク市内
伊名
西名
葡名
漢名
泰名 มะม่วงมหาชน
植物分類 ウルシ科マンゴー属
園芸分類 常緑高木
用途 生食/加工食品(ジュース・アイスクリーム・ジャム・ケーキ・パイ・ゼリー等)
原産地 園芸作出品種(タイ)
花言葉 甘いささやき
   
解説 マハノチャック・マンゴーはウルシ科の常緑樹である。本種は、タイで作出されたマンゴーの品種である。本種は、ラムプーン県のテュートン果樹園で、ナンクラーワン種とサンセット種との交雑により作出されている。樹高10m程度(或いはそれ以上にも)葉は互生し、長さ10~30㎝の広線型、表面は革質で、光沢がある。12~2月頃、枝先の大きな円錐花序に小さな淡紅色の花をたくさんつける。果実は核果で、細長い象牙のような形状で、黄色~オレンジ色に熟す。重さは300~500g程度。本種の特徴は繊維が少なく、実が詰まっており、形が崩れにくく、味は濃厚で、甘味も強い。熟すと甘い香りを放つ。 
履歴 本種は、長いこと輸入出来ずにいたが、平成18年(2006)に、プミポン国王の即位60周年を記念して輸入が解禁されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考