←トップ頁へ

和名jp マグノリア・ラヌギノーサ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
撮影地:筑波実験植物園
漢字表記
別名・異名
other nme
ミケリア・ヴェルテイナ
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は「柔細毛に覆われた」の意。
学名sn Magnolia lanuginosa
(=MIchelia velutina)
英名en Chittamwood
Gum elastick buckthorn
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 絨毛含笑
植物分類 モクレン科マグノリア(モクレン)属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/切り花
原産地
distribution
中国・ブータン・インド・ネパール
花言葉
解説
description
マグノリア・ラヌギノーサは、モクレン科の落葉低木である。本種は、原産地の項に記した地で標高1500~2400m級高地の山の斜面に自生する樹木である。樹高は15~20m程度となる。若枝の周囲には、淡黄色の柔毛が密生し、ビロード質となる。葉は薄い革質で、長さ11.5~18.5㎝、幅4~6㎝程度の楕円形で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では1~2㎝程度の葉柄に連なり枝に互生する。互生し、広倒卵形、先端は鋭く尖る。5~6月頃に、花径8~10㎝程度で淡黄色の花をつける。花後の果実は長さ10~13㎝程度で、オレンジ色の種子を内包する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考