←トップ頁へ

和名 マダム・シャルル・ソヴァージュ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名の品種名の音読みから。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。/品種名については不詳。(フランスの植物学者故Charles Sauvageの夫人への献名か。)
学名 Rosa 'Madame Charles Sauvage'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:足利フラワーパーク
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種:フランス
花言葉 愛嬌・信頼・絆・爽やか・健やか・誰かが何処かで・魅力
解説 マダム・シャルル・ソヴァージュはバラ科の落葉樹である。本種は、フランスで作出されたハイブリッド・ティ系の園芸品種である。樹高は1~1.2m程度となる。本種は、四季咲き性の丸弁平咲きで、花弁の先端部が開花の進行と共に波を打つ。花径は10㎝程度で、花色はオレンジ色~山吹色で、開花時にはフルーツ系の強香を放つ。
履歴 本種は1949年にフランスのChales Mallerin氏により作出されている。
交配親は、Golden Pernet × Orange Nassau と言うことである。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考