←トップ頁へ

和名 マボケ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:皇居東御苑

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居東御苑↑    
漢字表記 真木瓜
別名・異名
古名
語源 和名は、平安時代に渡来したボケ(Chaenomeles speciosa)に対して、本種が真性のボケであるとしたことから。
属名は、ギリシャ語のchaino(=開ける)とmeles(=リンゴ)の合成語で、果実に裂け目ができることから。
種小名は「中国の」の意。Cathayとは中国の古名である。
学名 Chaenomeles cathayensis
(=Chaenomeles lagenaria var. cathyensis)
英名  Flowering Quince,
Chinese Quince 
仏名
独名  
伊名
西名
葡名
漢名 毛葉木瓜・西南木瓜・木瓜海棠・木桃
植物分類 バラ科ボケ属
園芸分類  落葉低木 
用途 庭植え/鉢植え/盆栽/切り花/木瓜酒/衣服への移り香用果実 
原産地 中国
花言葉 熱情/平凡/早熟
解説 マボケはバラ科の落葉樹である。樹高は2~6m程度に。幹は滑らかで、枝には鋭く硬い刺を持つ。葉は長楕円形~披心形で縁部には鋸歯があり、先端部は尖るか鈍頭で、幹に互生する。3~5月頃、葉の展開とほぼ同時に、径2~3㎝程度で淡桃色~白色の花をつける。秋にはカリンに似た果実が黄緑色に熟し、芳香を放つ。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 春(花)
備考