←トップ頁へ

和名 クルミ
漢字表記 胡桃
別名・異名
古名 クルミ(久流美・久留美)
語源 和名については諸説がある。備考欄参照/属名は、「ジュピター(ゼウス)に捧げた果実の意」
学名 Juglans spp.
英名 walnut
仏名 noix ↑ オニグルミの花と実 ↓
独名 nuß
伊語 noce
西名 nogal
葡語 noz
漢名 核桃/胡桃楸
植物分類 クルミ科クルミ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(果実・花)/用材(家具・器具)/染料(樹皮)/絵の具用油(実)
原産地 日本
花言葉 知恵・野心・知性 ↑ 群馬県・邑楽町・おうら創造の森にて
解説 胡桃(クルミ)とはクルミ科のサワグルミオニグルミ等の落葉高木の総称である。
履歴 各地の縄文遺跡より出土している。
県花・国花 北海道:南富良野町木
古典1 『古今和歌集』、『枕草子』、『源氏物語』、『蜻蛉日記』、『今昔物語』、『謡曲』
古典2 『延喜式』,『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』
・胡桃を二つ握っていると中風にならぬ→血行を良くするの教え。
俗信 ・胡桃の木が屋敷にあると苦労が絶えない
・胡桃の木の根が厩に入ると馬は足を痛める
季語
備考 ①『延喜式』等には「呉桃」の表記が見られることから、呉の国から来たとして「呉実(クレミ)」からの転訛説、②「黒実(クロミ)」からの転訛説、③殻が非常に堅いことから「凝実(コルミ)」からの転訛説、④殻の中の実が曲がっていることから「屈実(クルミ)」説、⑤実が殻に包まれていることから「包(クルム)」からの転訛説等多数あり。他にも多数存在する。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
21 48 「胡桃」