←トップ頁へ

和名 クロウメモドキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑
↑撮影地:日光植物園↓
撮影:GKZ↓
漢字表記 黒梅擬
別名・異名 コトリトマラズ/スモモノキ/グソク
古名 スモモノキ(須毛々乃岐/酸桃木)
語源 和名は、結実時の様子がウメモドキに似ていて、しかも色が黒いため。/属名は刺のある低木を意味するギリシャ古名から。語源は、ケルト語のram(=灌木)である。/種小名は「日本の」の意。/変種名は「紛らわしい」の意。
学名 Rhamnus japonica var. decipiens
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クロウメモドキ科クロウメモドキ属
園芸分類 落葉低木
用途 食用(若葉)/染料(葉)/薬用(樹皮・果実・核果)
原産地 日本(北海道~九州)
花言葉
解説 クロウメモドキは、クロウメモドキ科の落葉低木である。樹高は1.5~5m程度。葉は倒卵形で、長さ3~10㎝程度、対生する。3~5月頃に葉腋に淡黄緑色の小花を見せる。果実は径7㎜前後の球形で黒熟する。雌雄異株。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考