←トップ頁へ

和名 クリムゾン・キング
漢字表記
別名・異名 ノルウエーカエデ・クリムゾン・キング
古名
語源 和名は、英名からの直訳である。/属名はカエデの一種Acer campestreのラテン古名からで、Acerには「裂ける」の意があったという。切れ込んだ葉形から。/種小名は「プラタナス属に似た」の意。/品種名は、「紫がかった濃赤色の」の意。
学名 Acer platanoides 'Crimson King' 群馬県館林市:ザ・トレジャー・ガーデンにて
英名 'Crimson King' Norway Maple
仏名 Erable plante rouge
独名 Blut-Ahorn
伊名 Acero ricciro rosso
西名 Acer noruego
葡名
漢名 紫葉挪威楓
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹/街路樹
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 クリムゾン・キングはムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。本種はノルウエー・カエデ(=Acer platanoides 原産地:東ヨーロッパ~西アジア))の濃紫紅色葉の園芸品種である。樹高は5~8m程度で、割合整った樹形に自然に育つ。葉色が濃紫紅色であるために、近年カラーリーフ園芸植物の人気が高まる中で、本種もカラーリーフ・ツリーとして人気が高まり、我が国の園芸界でも流通を見ている。本種の学名の種小名にPlatanoides(=プラタナスに似た)とあるが、葉形は、一見してプラタナスやアメリカフウにも似ているが、葉の展開時には、長い葉柄も、若枝も、葉と同様に濃紫紅色であるが、葉の表面に強い光沢があるので美しい。葉の径は、10~20㎝程度。また、樹皮の色合いがほぼ白色に近い灰褐色のため、一層葉の色合いが引き立っている。さらに、公園等では、周囲の樹木の中で、本種のみが異なった色合いの葉を見せるので、目立つ存在となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考