←トップ頁へ

和名 クレマチス・ラヌギノーサ

漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のklema(=蔓)の意。
種小名は「柔毛に覆われた」の意。
学名 Clematis lanuginosa
英名  Wooly clematis
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 毛葉鉄線蓮
植物分類 キンポウゲ科センニンソウ属
園芸分類 蔓性半落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国
花言葉 高潔(クレマチス)
解説 クレマチス・ラヌギノーサは、キンポウゲ科の蔓性半落葉樹である。本種は、中国浙江省の標高100~400m程度の谷沿いの斜面に自生するクレマチスである。茎長は1.5~2m程度となるは。葉は長さ6~12㎝、幅3~7.5㎝程度の卵形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では4~8㎝程度の葉柄に連なり茎に互生する。6~9月頃、葉腋から、径7~15㎝程度の花をつける。花柄には柔細毛が密生する。掲載した写真に見られる花弁のような部位は実際は萼片である。萼片の裏面にも白色の柔細毛が密生する。花後に花柱は伸びて、羽毛状の毛のついた種子をつける。
履歴 本種は、Robert Fortuneによって1850年に発見されている。
本種からはたくさんの園芸品種が作出されており、それらは「ラギノーサ系」と呼ばれる。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考