←トップ頁へ

和名 クレマチス・カレン
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のklema(=蔓)に由来している。/種小名は「開出の」の意。
学名 Clematis patens 'Karen'  
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 日光市・花いちもんめにて
西名
葡名
漢名
植物分類 キンポウゲ科センニンソウ属
園芸分類 蔓性落葉低木
用途 路地植え(生け垣・パーゴラ)/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 クレマチス・カレンは、キンポウゲ科の蔓性落葉樹である。蔓長は2~3m程度。葉は3出または羽状複葉。5月上旬頃、葉腋から径15㎝以上もの大形の花を上向きにつける。萼片は一般的に6~8個である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考