←トップ頁へ

和名 クレマチス 'ブルーベル'
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のklema(=蔓)の意。/種小名は「全縁葉の」の意。
学名 Clematis integrifolia 'Blue bell'
英名 Clematis 'Blue bell'
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 キンポウゲ科センニンソウ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉 高潔(クレマチス) 撮影者:東京都 中村利治様
解説 クレマチス 'ブルーベル'はキンポウゲ科の落葉樹である。クレマチスの仲間は、概して蔓性樹木であるが、本種の場合は珍しく蔓性と言うよりも茎は直立し、30㎝程度までに至る。本種は、中国~ヨーロッパに自生の見られるClematis integrifolia種から、我が国で作出されたクレマチスのハイブリッド種である。葉は単葉で、卵形~卵状披針形で、茎に対生する。5~10月頃、枝先に花柄を伸ばし、紫色の鐘形花を下向きにつける。花径は2㎝程度で、花筒の長さは2.5㎝程度となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考