←トップ頁へ

和名 クマシデ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

下図撮影:GKZ/旧今市市(現日光市)        
漢字表記 熊四手・熊垂
別名・異名 カタシデ
古名 撮影地:神代植物公園→
語源 和名は、イヌシデアカシデに較べて葉も果穂も大型であることから。/属名はケルト語のcar(=木)とpin(=頭)の合成語。/種小名は「心臓形の」の意。
学名 Carpinus japonica
英名 Japanese hornbean
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園→
西名
葡名
漢名
植物分類 カバノキ科クマシデ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(器具・薪・炭・椎茸栽培用榾木)/染料
原産地 日本(岩手県以南)
花言葉 装飾
解説 クマシデはカバノキ科の落葉樹である。樹高は10~15m程度となる。幹は直立し、樹皮は縦によく剥げる。枝は比較的細く若枝には軟毛がある。葉は、長さ5~10㎝、幅2.5~4.5㎝程度の楕円形で、縁部には重鋸歯があり、先端部は尖り、基部では0.8~1.5㎝程度の葉柄につらなり枝に互生する。5月頃新葉と共に開花する。果穂は葉状の包鱗に包まれ、枝から下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考