←トップ頁へ

和名jp クダバナモクセイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園
漢字表記 管花木犀
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、中国名の音読みから。
属名はosme(=香り)とanthos(=花)の合成語で花に芳香があることを示している。
種小名は、本種の発見者であり、イエス会宣教師でもあり植物学者でもあった19世紀フランス人Fr. Pierre Jean Marie Delavay牧師への献名。
学名sn Osmanthus delavayi
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 管花木犀
植物分類 モクセイ科モクセイ属
園芸分類 常緑高木
用途use 庭木/生け垣
原産地
distribution
中国(貴州・四川省・雲南省)
花言葉
解説
description
クダバナモクセイは、モクセイ科のの常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地で、標高2100~3400m級山地の渓谷の広がる混交林に自生する樹種である。樹高は2m程度となる。葉は革質の長さ1~2.5㎝、幅1~1.5㎝程度の広楕円形~広卵形で、縁部には鋭鋸歯を持ち、先端部は刺状突起となり、基部では2~3㎜程度の葉柄に連なり枝に対生する。原産地では4~5月頃、葉腋に散形花序を出し、白色の筒状花をつける。花筒の長さは6~10㎜、花径は1~2㎜程度で、花冠は4裂する。花後には、長さ1㎝程度で楕円状卵形の果実をつけ、9~10月頃、青黒色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考