←トップ頁へ

和名 グラウカモクマオウ
漢字表記 グラウカ木麻黄
別名・異名
古名
語源 和名は、モクマオウに似ていて、樹皮が灰色を帯びていることから。/属名は、ギリシャ語のallos(=異なる)とCasuarina(=旧モクマオウ属)の合成語から。/種小名は「帯白色の」の意。
学名 Allocasuarina glauca(=Casuarina glauca)
英名 Swamp she-oak,Swamp oak,
Grey oak,River oak,Brazilian oak,
Long-leaf ironwood,
Scaly-bark beefwood
現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 粗枝木麻黃、銀木麻黄、長葉木麻黄
植物分類 モクマオウ科モクマオウ属
園芸分類 落葉高木
用途 グランドカヴァー
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 グラウカ・モクマオウはモクマオウ科の落葉樹である。樹高は8~20m程度。本種は、オーストラリア東部の海水が入り込むような河口付近に自生の見られるような針葉樹である。樹皮は灰色~灰褐色で、亀甲形に割れる。良く分枝をし、枝は40㎝程度横に広がりを見せるか下垂する。葉は長さ8~20㎜、直径1㎜程度の針状である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考