←トップ頁へ

和名jp グネモンノキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東山植物園温室
漢字表記 グネモンの木
別名・異名
other name
ユミヅルノキ(弓弦木)
ファック・リアン(タイ語名)
グネツム・グネモン
古名old name
語源
etymology
和名は、学名gnemonの音読みから。
属名の語源不詳。ギリシャ語→ラテン語からはたどり着けなかった。何等かの固有名詞(人名・地名、或いは原産地における現地名に由来しているものと推測される。
種小名は本属のモロッコでの現地名Ganemaを語源としている。
学名sn Gnetum gnemon
英名en Belinjau
Meninjau
Bago
Gnemon tree
Maninjau
Minjau
Songko
Spanish joint fir
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 灌状買麻藤
泰名th ผักเหลียง 
植物分類 グネツム科グネツム属
園芸分類 落葉針葉高木
用途use 食用(若芽・葉・花・種子)・採繊維(釣り糸・弓弦・製紙)・薬用
原産地
deistibution
中国・インドネシア・マレーシア・ミャンマー・フィリピン・タイ・ヴェトナム・太平洋諸島
花言葉
解説
description
グネモンノキはグネツム科の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高1200mまでの熱帯雨林地帯に自生の見られる潅木である。本種は、植物の分類的には、マツ等と同類の「マツ目(Pinales←Gnetales)」に分類される。つまり、裸子植物の仲間と言うことになる。しかし、葉姿を見れば広葉常緑樹である。更に、概して裸子植物の場合風媒花であるが、本種は虫媒花である。植物は、裸子植物から被子植物へと進化を遂げていることになるが、本種の場合、その中間的な存在として着目される樹種である。因みに本種はジュラ紀に誕生したと推測されている。樹高は3m程度となる。雌雄異株。葉は長さ7.5~20㎝、幅2.5~10㎝程度の楕円状披針形で、縁部は全縁、先端部は鈍頭~円頭、基部では葉柄に連なり枝に対生する。葉質は革質、表面には光沢がある。雄花は3~6㎝程度の穂状花序で、5~15㎝程度の穂状花序で、それぞれ葉腋に立ち上がり、淡黄色の小花を多数つける。花後には、長さ2㎝程度の長楕円形で先端部の尖った果実をつけ、黄色~紅色に熟す。
履歴 我が国へは、昭和10年(1935)頃に渡来している。
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考