←トップ頁へ

和名 グイシェンオーティア・マクランタ 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、19世紀フランス人で園芸家並びに植物蒐集家Antoine Guichenotへの献名。古代ギリシャの伝説詩人Syagrusの名に因んでいると言う。/種小名は、「大花の」の意。
   
学名 Guichenotia macrantha
英名 Large-flowered Guicheno-tia
Yanchep bells
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース   
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 アオイ科グイシェンオーティア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 グイシェンオーティア・マクランタはアオイ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部の岸壁の上や海岸近くの砂質土壌地帯の丘陵地の丘上等に自生する灌木である。樹高は1~2m程度で、上部で良く分枝をし、樹幅も1~2m程度となる。葉は、長さ1~2.5㎝程度の線形で、枝に対生する。若枝や葉は灰色の細毛に覆われている。9~10月頃、枝先並びに枝上部の葉腋に短い花柄の先に桃色を帯びた藤色の花を下垂する。花柄・萼片・花弁の外側はそれぞれ灰色の細毛に覆われている。花冠は5裂し、花弁の外側には縦に溝が出来る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考