←トップ頁へ

検索名  コウトウイヌビワ 
和名jp アカメイヌビワ
撮影者:沖縄県 嶺井勝彦様
漢字表記 赤芽犬枇杷
別名・異名
other name
コウトウイヌビワ(紅頭犬枇杷
ハルランイヌビワ
古名
old name
語源
etymology
和名は、出芽が赤いイヌビワの意。イヌビワとは、果実がビワに似ているが、小さくて食用に適さないために命名されている。
属名は、イチジクに対するラテン古名。
種小名は「フィリピン:バングエト(Banguet)州産の」の意。
学名sn Ficus benguetensis
英名en Indian banyan
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 黄果榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途use
原産地
distribution
日本:琉球諸島/台湾/フィリピン
花言葉  
解説
description
アカメイヌビワは、クワ科の常緑高木である。本種は、概して沿海地の谷沿いに自生する。雌雄異株。樹高は5~7m程度。樹皮は黒褐色。新葉や若枝が赤味が帯びる事が和名の所以となっている。葉は長さは、10~20㎝程度の長楕円形で、葉の表面には光沢があり、葉脈がはっきりと見える。葉の先端部は尖り、基部は短い葉柄に連なり、枝に互生する。新葉・新枝は赤味を帯びる。実(花嚢)は球形で、枝先や幹にも直接つく。花脳は径15~17㎜程度で橙赤色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考