←トップ頁へ

和名jp コウシュンヤマモモ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地(全図):京都府立植物園

↑撮影者:東京都 山口米子様  
漢字表記 恒春山桃・青楊梅
別名・異名
other name
アオヤマモモ(青楊梅)
古名
old name
語源
etymology
和名は、産地名(台湾の恒春)に因んでいる。
属名は、ギリシャ語のmyrike(=ギョリュウ又はその他の芳香性のある低木の古名)から。
種小名はギリシャ語のadenos(=腺)とphoreo(=所有する)の合成語から。
学名sn Myrica adenophora
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 青楊梅
恒春楊梅
植物分類 ヤマモモ科ヤマモモ属
園芸分類 常緑低木
用途use 庭木/公園樹/街路樹/果実は食用/樹皮は染料
原産地
distribution
台湾・中国
花言葉
解説
description
コウシュンヤマモモはヤマモモ科の常緑樹である。樹高は1~3m程度となる。樹皮は灰色を帯びている。葉は長さ1.5~7㎝、幅0.5~3㎝程度の楕円形で、縁部には粗い鈍鋸歯があり、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり枝に互生する。9~10月頃、枝先に穂状花序を放射状に多数伸ばし赤色の小花を多数つける。雌雄異花。果実は、翌年の2~5月頃、径1㎝程度で楕円状の果実をつけ赤熟する。果皮の表面は我が国のヤマモモと同様に粒状の凹凸がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考