←トップ頁へ

検索名  コルディア・セバステナ
和名 アメリカチシャノキ  
漢字表記 亜米利加萵苣木  
別名・異名 アカバナチシャノキ(赤花萵苣木)/マン・デーン(タイ語名) /コルディア・セバステナ
古名  
語源 和名は、アメリカ大陸産のチシャノキ(=Ehretia ovalifolia )の意。因みに、チシャノキの花は白色の小花である。/属名は、医師であり植物学者でもあったValerius Cordus への献名。/種小名はギリシャ語のSebasten(=核果をつけるある種の樹木名)で、本種の果実が似ていることによるという。
学名 Cordia sebestena
撮影者:東京都 中村利治 様
英名 Orange Geiger Tree, Geranium Tree,
Anaconda, Scarlet Cordia
仏名 Bois Râpe,Sébestier
独名 タイ:クーメロンにて
伊名 Cordia sebestena
西名 No me olvides
葡名 Sebesteira-verdadeira
漢名 紅花破布木/ 仙枝花
泰名 หมันแดง
植物分類 ムラサキ科カキバチシャノキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 公園樹/庭園樹/街路樹/食用・薬用(果実) 
原産地 中南米  
花言葉  
解説 アメリカチシャノキは、ムラサキ科の常緑樹である。樹高は10m前後程度に。葉はカキノキに良く似ていて、有柄の楕円状で全縁、枝に互生する。花は枝先に散形花序を出し、鮮紅色の筒状花をつける。花冠の先端は5~6裂する。果実は液果で白熟する。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考