←トップ頁へ

和名jp コリヤナギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園


漢字表記 行李柳
別名・異名
other name
コウリヤナギ(行李柳)
オトギリヤナギ
古名old name
語源
etymology
和名は、本種の枝から「柳行李」を作ったことにより、「コウリヤナギ」からの転訛によると言われている。別には朝鮮語のkori(=行李)を語源としているという説もある。
属名は、ケルト語のsal(=近い)とlis(=水)に由来するラテン古名。この属の植物が水辺に多く見られることから。
種小名は和名から。
学名sn Salix koriyanagi
英名en Korean willow
Purple pussy willow
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 尖葉菜柳
植物分類 ヤナギ科ヤナギ属
園芸分類 落葉高木
用途use 籠材
原産地
distribution
朝鮮半島~中国
花言葉
解説
description
コリヤナギは、ヤナギ科の落葉樹である。本種は、原産地の項に記した地で、概して、河原や湿地帯に自生の見られる潅木である。樹高は1~2m程度となる。葉は、長さ4~8㎝程度の広線形で、枝に対生~3輪生する。葉の裏面は白色を帯びる。5月頃、葉の展開に先立って、初め黒色、後に淡黄緑色になる長さ2~3㎝程度の円柱形の花穂をつける。
履歴 我が国では、兵庫県で多く栽培されてきた。
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考