←トップ頁へ

和名 コノテガシワ
漢字表記 児手柏・側柏
別名・異名 テガシワ(手柏)/フタオモテ(両面)
古名
語源 和名は直立した枝の形が小児が掌を広げたように見えることから。/属名はギリシャ語のplatos(=広い)とklados(=枝)の合成語から。/種小名は「東洋の」の意。
学名 Platycladus orientaris(=Thuja orientalis)
英名 Chinese arbovitae
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 側柏
植物分類 ヒノキ科コノテガシワ属
園芸分類 常緑高木
用途
原産地 朝鮮半島/中国  
花言葉
解説 コノテガシワはヒノキ科の常量樹である。樹高は10〜15m程度。枝はよく分枝をし、平板状に直立して広がる。葉はヒノキに似た鱗状で、側立して広がり、表裏の区別が無い点が特徴とされる。雌雄同株で、春に球形の雄花と卵円形の雌花を付ける。Topicsのコーナーに<カシワとコノテガシワ>があります。お暇の方は、そちらにもお立ち寄り下さい。
履歴
国花・県花
古典1 『万葉集』
古典2 『大和本草』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 写真最下段撮影者:
  大阪府 藤井 勝様 
   撮影地:京都大学