←トップ頁へ

和名 コペルニキア・カーティッシー  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ポーランドの天文学者Nicolaus Copernicusの名に因んでいる。/種小名はアメリカの植物学者Allen Hiram Curtissの名に因んでいる。
学名 Copernicia curtissi(=Copernicia paucifolia)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヤシ科コペルニキア属
園芸分類 常緑小高木
用途 路地植え(暖地)
原産地 キューバ 撮影者:タイのIncola様
撮影地:バンコク市内 
花言葉
解説 コペルニキア・カーティッシーはヤシ科の常緑樹である。樹高は7m前後程度に。本種は、単幹のヤシで、葉は剣形で、先端は鋭頭となり、掲載した写真に見られるように、幹の周囲を幾重にも覆うように重なりを見せる。新葉は上向きに展開するが、古い葉は、日光を受けやすくするために下方に湾曲しながら下垂する。更に古い葉は枯葉状と化して、袴状になり幹の基部を覆う。花は1m程度の穂状花序で、白色の花を多数付ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考