←トップ頁へ

和名 コナラ
↑撮影者:群馬県 権田実様↓

撮影地:群馬県内↑

↑撮影:GKZ/群馬緑化センター

↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:神代植物公園植物多様性センター
 
漢字表記 小楢
別名・異名 マナラ(真楢)
古名 ハハソ(柞・波波曽)
マホソ(真柞)
ホウソマキ(柞槙)
語源 和名の語源は、諸説あり。@しなやかな様子を示す語「ナラナラ」から。A「平ら」の意から。B朝鮮語kalak namaraの転訛
属名はケルト語のquer(=良質な)とcuez(=材木)の合成語。
種小名は「鋸歯のある」の意。
学名 Quercus serrata Thumb.
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 枹櫟
植物分類 ブナ科コナラ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(薪炭・器具材・椎茸栽培榾木船材)/食用(堅果)
原産地 日本・朝鮮半島/中国
花言葉
解説 コナラは、ブナ科の落葉樹である。樹高は15m程度となる。樹皮は縦に裂ける。新枝には粗毛がある。は半長さ5〜12p程度の倒卵状楕円形で不ちびには鋸歯があり、基部は葉柄に連なり、枝に互生する。雌雄同株で4〜5月頃開花する。花後の堅果は1.25〜5p程度の長楕円形で、株は穀斗に包まれている。
履歴 撮影地:都市緑化植物園
      帰化植物見本園→
国花・県花
古典1 『万葉集』、『梁塵秘抄』、『新古今集』
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
  撮影地:千葉市内→