←トップ頁へ

和名 コムラサキ
漢字表記 小紫
別名・異名 コシキブ(小式部)
古名
語源 和名は、同じ仲間のムラサキシキブよりもやや小ぶりであることから。/属名は、ギリシャ語で「美しい果実」の意。/種小名は「二股になった」の意。
学名 Callicarpa dichotoma
英名 Purple beautyberry 撮影地:群馬県花木センター
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 白棠子樹
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)ムラサキシキブ属 
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)/台湾/朝鮮半島/中国  
花言葉 愛され上手
解説 コムラサキは、シソ科(←クマツヅラ科)の落葉樹である。同じ仲間のムラサキシキブよりも幾分小ぶりである。コムラサキの場合、葉の鋸歯が上半部に限られること、花序が葉腋より離れて出る等の点でムラサキシキブと区別される。実の付き方では、コムラサキの方がより細かく密である。  
履歴
県花・国花
古典1  
古典2 『本草綱目啓蒙』  
季語  
備考