←トップ頁へ

検索名  コモン・ルエリア   
和名 ヤナギバルイラソウ
漢字表記 柳葉ルイラ草
別名・異名 コモン・ルエリア/ルエリア・ブリットニアーナ
古名
語源 和名は、ヤナギのような葉をつけたルイラ草の意で、ルイラは学名の音読みからと推測される。なお草とついているのは、小低木であるから草本植物と思っての命名と推測される。/属名はフランスの植物学者J・リュエルの名に因んでいる。/種小名は「Britton氏の」の意。
学名 Ruellia brittoniana
英名 Mexican petunia/Common ruellia/Britton's wild petunia/Ruellia Brittonia Purple Showers/Mexican petunia/Common ruellia/Wild petunia
仏名 Pétunia mexicain,Ruellie de Britton 埼玉県加須市にて
独名 Wüstenpetunie
伊名 Ruellia
西名 Petunia mexicama
葡名 Ruélia-azul
漢名 翠蘆莉
植物分類 キツネノマゴ科ルイラソウ属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 メコシコ
花言葉 正直、愛らしさ、魅惑
解説 ヤナギバルイラソウはキツネノマゴ科の非耐寒性小低木である。樹高は50~100㎝程度。葉は線形で先端は尖る。長さは15㎝前後、葉幅は5㎝前後である。葉は対生し、葉縁には鋸歯が見られる。4~10月頃ととても長い期間にわたり枝先に径5㎝前後で紫色の花をまばらに開花させる。花冠は写真にみられるように、深く5裂し、花弁には皺がみられる。花は一日花で、花後には莢が出来る。
履歴 我が国への渡来時期不詳。/メコシコ原産であるが、アメリカ西部地域では既に帰化状態にあると報告されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考