←トップ頁へ

和名jp コブシ
 館林市:県立つつじが岡公園にて↑

↑館林市:県立多々良沼公園にて↓

下2図撮影者 千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園↑

撮影地:上野恩賜公園↑
       
漢字表記 辛夷(
別名・異名
other name
コブシハジカミ
ヤマモクレン
古名
old name
ヤマアララギ(山阿良々支・山阿良々木)
語源
etymology
和名は、蕾が拳に似ていることからとも。或いは、果実の形状が拳に似ているからとも。
属名は、17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は「最も早い」の意。
学名sn Magnolia praecoccissima(=Magnolia kobs)
英名en Kobushi magnolia
Thurber's magnolia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 日本辛夷
植物分類 モクレン科モクレン属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/用材(器具・建築・細工物・楽器)/金銀研磨(炭)/採油(樹皮・枝・葉・)/香料(花)/食用(花)/染料(実)
原産地
distribution
日本/朝鮮半島南部
花言葉 友情 自然の愛
解説
description
コブシは、モクレン科の落葉高木である。樹高は8m前後。葉長は、10㎝前後の広倒卵形。3月頃、葉に先立って枝先に一つずつ芳香のある白色の6弁花を見せる。花後、和名の通り、拳状の果実をつける。中には赤い種子を含む。 
履歴 1804年にヨーロッパに渡り現在鑑賞木として親しまれている。 
県花・国花 滋賀県:木之本町花/福井県:大野市花/新潟県:塩沢町木/長野県:麻績村木・軽井沢町木・豊岡村花・豊科町木・白馬村木/岐阜県:郡上市花/山梨県:韮崎市木/栃木県:南那須町花/埼玉県:新座市花/神奈川県:秦野市木/東京都:立川市花・練馬区木・武蔵野市木/福島県:金山町花・只見町花・磐梯町木/宮城県:七ヶ宿町木/山形県:舟形町花・白鷹町花/岩手県:花巻市木・軽米町花/北海道:中富良野町木・厚真町木・蘭越町花木・岩見沢市木 
古典1 『催馬楽』、『一茶句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
・辛夷の花が咲くと鰯が捕れる
・辛夷の花が咲くと畑に豆を蒔かねばならぬ
・辛夷の花盛りが苗代の花盛り 
季語  
備考 ※本来「辛夷」とはモクレンの漢名である。我が国で誤用してしまい、それが定着してしまったものである。