←トップ頁へ

和名 コバノガジュマル
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東山植物園
漢字表記 小葉榕樹
別名・異名
古名
語源 和名は、葉の小さいガジュマルの意。
属名は、イチジクに対するラテン古名。
種小名は「小果の」の意。
品種名は「やや光沢のある」の意。
学名 Ficus microcarpa 'nitida'
英名 Indian laurel fig
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 黄果榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭木・緑陰樹・街路樹(暖地)/鉢植え(盆栽)
原産地 東南アジア
花言葉  
解説 コバノガジュマルは、クワ科の常緑樹である。樹高は5~9m程度。樹皮は黒褐色。。葉は長さは、2~6㎝程度の楕円形で、縁部は全縁、先端部は円頭~鈍頭、基部では短い葉柄に連なり枝に互生する。葉の表面には幾分光沢がある。夏場に、枝先の葉腋に無花果に似た果実(花嚢)をつける。果実(花嚢)赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考