←トップ頁へ

和名 ゴールデン・チェルソニーズ  
漢字表記  
別名・異名  
古名  
語源 和名は学名の音読みから。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。/品種名は、ギリシャ語のchreoneus(=半島)とaurea(=黄金)の合成語を英訳したもので、ギリシャの科学者プトレマイソス(Ptoremy)が「黄金を出す国」としてマレー半島を称したことによる。 
学名 Rosa 'Golden chersonese' 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Golden chersonese
仏名
独名
伊名  
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(イギリス)
花言葉  友情・献身・可憐・美・爽やか・あなたを恋します・平和・愛の告白・励まし  
解説 ゴールデン・チェルソニーズは、バラ科の落葉樹である。所謂「弦バラ」であり、高さは3m程度となる。弦は暗赤褐色。本種は一季咲きであり、春か秋に開花が見られる。花は径5p程度の鮮黄色で、花弁数4〜8個の一重咲きである。開花時には芳香を放つ。  
履歴 本種は、イギリスのAllen氏によって作出され、Golden chersonese名で新品種登録がなされている。交配親はRosa ecae Aitchison × Canary birdと言うことである。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考