←トップ頁へ

和名jp キタコブシ
上3図撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:北海道開拓の村

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 北辛夷
別名・異名
other name
エゾコブシ(蝦夷辛夷)
オマウクシニ(アイヌ語名)
古名old name
語源
etymology
和名は、我が国の北方の地に見られるコブシの意から。花色から。
属名は、17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は、「最も早い」の意。
変種名は「北方系の」の意。
学名sn Magnolia praeacoccissima var. borealis
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 モクレン科マグノリア(モクレン)属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/切り花
原産地 
dsitribution
日本(本州:中部以北の日本海側~北海道)
花言葉 愛に忠実
解説
description
キタコブシは、モクレン科の落葉低木である。学名から理解できるようにコブシの変種として分類される。原産地の項に記した地の比較的低地の落葉樹林に自生の見られる落葉樹である。樹高は20m程度となる。樹皮は灰色で、表面は平滑である。全体的に美しい円錐形の樹形を作る。葉は長さ10~17㎝、幅6~8㎝程度の広卵形で、全縁、先端部は尖り、枝に互生する。4~5月頃、葉の展開前に径10~12㎝程度で白色の花を開く。開花時には芳香を放つ。花被片は6個。花後には、長さ7~10㎝程度で、表面に凹凸のある集合果をつける。仮種皮は朱~紅色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考