←トップ頁へ

和名 キシツツジ
↑撮影:GKZ/日光植物園↓

撮影者:千葉県三浦久美子様↓

↑撮影地:筑波実験植物園↓
漢字表記 岸躑躅
別名・異名 エンコウツツジ
カワツツジ
古名
語源 和名は、川岸に自生が見られるので命名されている。/属名は、rhodon(=バラ)とdendronn(樹木)の合成語で、「紅い花をつける木」の意。/種小名は「川岸に生ずる」の意。
学名 Rhododendron ripense Makino
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(中国地方並びに徳島・愛媛・高地・大分の各県)
花言葉 愛の喜び・情熱・節制・伝奇
解説 キシツツジは、ツツジ科の常緑低木である。樹高は2m程度に。モチツツジと同様にガクに蜜腺がありよく粘る。渓谷の岩場に自生が見られるので、キシツツジと呼ばれる。雄蘂が10本あり、葉が細い点でモチツツジとは区別される。花径は5㎝前後で、花色は淡紫紅色。
履歴
県花・国花 高知県:三原村花・窪川町(エンコウツツジ)/山口県:美川町花(カワツツジ)/奈良県:下北山村花(カワツツジ)
古典1
古典2
季語
備考