←トップ頁へ

検索名  キサントステモン・クリサンサス
 撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:バンコク ルンピニー公園↓ 

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:神代植物公園↑ 
和名 ゴールデン・ペンダ
漢字表記
別名・異名 ラック・レークポップ・シールアン(タイの現地名)
キサントステモン・クリサンサス
ザントステモン・クリサンツス
古名 撮影地:Singapore
   National Botanic Garden
語源 和名は英名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のzanthos(=黄色)とstemon(=雄蘂)の合成語から。
種小名は「黄金色の花の」の意。
学名 Xanthostemon chrysanthus
英名 Golden penda
仏名   
独名    
伊名   
西名
葡名
漢名 金蒲桃
泰名  รักแรกพบสีเหลือง
植物分類 フトモモ科ザントステモン属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ゴールデン・ペンダはフトモモ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア・クイーンズランド州の熱帯雨林内で、河川に沿った地に自生する樹木である。野生種では、樹高は10~15m程度となるが、庭園樹として栽培される場合には、原産地のオーストラリアでも2~3m程度である。葉は長さ7~22㎝、幅2~10㎝程度の楕円形で、枝に螺旋状に互生する。葉は幾分厚味のある緑色で、表面には光沢があり、全縁、先端部は鈍頭~鋭頭となる。花は、周年開花であり、枝先に長さ15㎝程度の総状花序を出し、径1~2㎝程度の花を多数つける。花は短筒状で、花冠は5裂し、花被片は短いが、雄蘂も雌蘂も、花冠より長く放射状に突き出る。花後には、木質化した長さ1~1.5㎝程度の果実が枝上に長く残る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考