←トップ頁へ

和名 キリ
上3図撮影GKZ:栃木県佐野市


  下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様
      撮影地:高尾山↑

撮影地:熊本県玉名市↑
漢字表記
別名・異名
古名 キリ(木里)/キリノキ(支利乃木)
語源 和名は、切ると直ぐに目を出して成長することから、「切る」の名詞形から。また、別には、木目が美しいことから木理(キリ)の意から。/属名は、シーボルトが後援を受けたロシア生まれのオランダ王女アンナ・パブローウナの名に因んでいる。/種小名は、「密に細かい綿毛がある」の意。
学名  Paulownia tomentosa
英名 Paulownia, Empress Tree, Princess Tree,
Foxglove Tree
仏名 Paulownia,Arbre d'Anna Paulowna
独名 Paulownia, Kaiserbaum
伊名 Paulownia imperial
西名 Paulownia imperial,Kiri
葡名 Kiri japonês
漢名 毛泡桐
植物分類 キリ科(←ゴマノハグサ科)キリ属
園芸分類 落葉高木
用途 街路樹/緑陰樹/用材(家具・器・琴・箱)/染料(樹皮)/薬用(葉)/懐炉灰(木屑)/食用(新芽)/桐炭(幹)火薬用粉炭(幹)
原産地 北海道から九州まで栽培されており、宮崎県大・分県・隠岐の島、鬱陵島等で野生化しているが、原産地は明らかではない。一説には、中国とも言われている。
花言葉 高尚
解説 キリは、キリ科(←ゴマノハグサ科)の落葉高木である。樹高は15mにも。葉は大型で、長さ30㎝の広卵型で、上面に軟毛が密生する。5月頃、葉に先立って淡紫色の大きな筒状唇形花を見せる。Topicsの植物回想録の中に「キリについて」の記述があります。ご参照下さい。
履歴 もしキリが中国から渡来したとすれば、かなり古い時代と言うことになる。なお、『万葉集』に登場するキリは、アオギリと推測されている。
県花・国花 岩手県花福岡県:大川市木/愛知県:吉良町木/長野県:栄村木/埼玉県:春日部市木/福島県:金山町木・西会津町木・三島町木/岩手県:岩泉町花・田野畑村花/青森県:三戸町木
古典1 『枕草子』、『源氏物語』、『和漢朗詠集』、『新古今集』、『太平記』、『謡曲』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『一茶句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
・桐一葉→わずかな兆しでその後の大勢を察すること。特に権力者の衰えを示すときに用いる。
・桐一倍→以前より繁栄したもののたとえ。
・桐の花の咲く頃に豆を蒔け
季語 夏(花)/秋(実)
備考