←トップ頁へ

和名 キンコウボク  撮影:GKZ/栃木花センターにて 

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:富山中央植物園
 
漢字表記 金厚朴
別名・異名 チャンパカ・モクレン
チャムパー(タイ語名)
古名
語源 和名は、同属のギンコウボク(銀厚朴 Michelia alba)が白い花を見せるのに対して本種は黄色い花を見せるめ。/属名は、スイスの植物学者 Marc Micheliの名に因んでいる。/種小名は原産地(インド)名から。
学名 Michelia champaca
(=Magnoria champaca)
英名 Golden champaca、
Himalayan champaca
仏名
独名
伊名
西名
葡語
漢名 黄蘭花
泰名 จำปา
植物分類 モクレン科オガタマノキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 寺院樹/精油(アロマ・オイル)/用材/街路樹(暖地)
原産地 ヒマラヤ地方
花言葉
解説 キンコウボクはモクレン科の常緑樹である。樹高は10~15m程度に。葉は革質で長さ10~20㎝、幅6~7㎝程度の楕円状で、先端は鋭頭、枝に互生する。3~10月頃、枝上部の葉腋から短い花柄の先に暗黄色~橙黄色の花をつける。開花時には強い芳香を放つ。
履歴 仏典の世界では、本種は聖木の一種として扱われる。/また、インドの民話にもchampāの名で登場する。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考