←トップ頁へ

和名 キナモムム・ロンゲパニクラツム
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は「長円錐花序の」の意。
学名 Cinnamomum longepanicratum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 油樟
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 果実の油脂(石鹸材料)/薬用/香料/用材(家具・器具材)/蚕飼料(葉)
原産地 中国(四川省)
花言葉 純潔/清浄
解説 キナモムム・ロンゲパニクラツムは、クスノキ科の常緑樹である。本種は、中国四川省の標高600~2000m程度の山地に構成された常緑広葉樹林帯に自生の見られる樹木である。樹高は最大で20m程度となる。樹皮は、平滑で灰色である。葉は長さ6~12㎝、幅3.5~6.5㎝程度の卵形~楕円形で、枝に互生する。葉質は薄く、両面共にぬるぬるした感触がある。5~6月頃、枝先の葉腋に長さ20㎝程度の円錐花序を出し、径4㎜程度で黄白色の小花をつける。花後には、径8㎜程度でほぼ球状の液果をつけ黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考