←トップ頁へ

和名 キマメ
漢字表記 樹豆・木豆
別名・異名 リュウキュウマメ(琉球豆)/ピジョンマメ
古名
語源 和名は、漢名「樹豆」の音読みから。/属名は、本種のマレー語名をラテン語化したもの。種小名も属名の語源と同じ。
学名  Cajanus cajan   撮影者:東京都 中村利治様
英名 pigeon pea,angola pea,red gram
仏名 Ambrevade,zambrevate,
zanbrovate,
Pois D'Angole
独名 Straucherbse
伊名 Caiano
西名 Guandul
葡名 Feijão-andu
漢名 樹豆
植物分類 マメ科キマメ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/食用(乾燥種子/若葉・莢野菜/芽モヤシ) 
原産地  インド   撮影地:新宿御苑
花言葉  
解説 キマメは、マメ科の常緑樹である。樹高は1~4m程度に。良く分枝をし、葉は3出複葉で、小葉は長楕円形、枝に互生する。10~12月頃、枝先に集散花序を出し、長い葉柄を持ったき花の蝶形花をつける。本種の全世界生産量の90%はアジアであり、その内の90%はインドである。インドでは、挽き割りのダールとしてカレーに用いられている。東南アジア諸国ではあまり利用がされず、乾燥させて豆よりも、若葉や若莢をスープに入れたり、発芽直後の「芽モヤシ」を油で炒めたりして食用として用いている。つまり、インドでは「穀物」として本種を食用にし、東南アジア諸国では「食用野菜」として用いていることになる。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。我が国では沖縄に導入され「琉球豆」の名を持つ。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考