←トップ頁へ

和名 キダチニンドウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様     

撮影地:熊本県小岱山
漢字表記 木立忍冬
別名・異名 キダチスイカズラ(木立忍冬)
トウニンドウ(唐忍冬)
チョウセンニンドウ(朝鮮忍冬)
古名
語源 和名は、本来的には蔓性樹であるが、蔓がしっかりしていて低木状と化すことから。/属名は、ドイツの16世紀の数学者でもあり、採集家でもあったA.ロニツアーの名に因んでいる。/種小名はギリシャ語のhypo(=下)とglauca(=淡青緑色の、帯白色の)の合成語から。
学名 Lonicera hypoglauca
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 菰腺忍冬、裡白忍冬、紅星金銀花、紅腺忍冬、紅星忍冬
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途
原産地 日本(本州:静岡県/広島県/愛知県・四国・九州)・台湾・中国・カシミール地方・ネパール
花言葉
解説 キダチニンドウは、スイカズラ科の蔓性常緑樹である。蔓長は5m以上となる。蔓の表皮は紫褐色で、全株が黄褐色の柔細毛に覆われる。葉は長さ6~8㎝程度の卵状長楕円形で、蔓に対生する。葉の縁部は全縁、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なる。葉の表面には光沢があり濃緑色であるが、裏面は白色を帯びる。5~6月頃に葉腋から散形状に長さ2.5㎝程度の筒状花を数個つける。花冠は4裂する。花色は初め白色やがて黄色へと変色する。花後には径1㎝程度でほぼ球形の液果をつけ、10~11月頃に黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考