←トップ頁へ

和名jp キバナウツギ
撮影地:日光植物園


漢字表記 黄花空木
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、文字通り黄花の空木の意。
属名は、ドイツの科学者Chritian Ehrenfried von Weigelの名に因んでいる。
種小名はロシアの植物学者C.J.Maxmowiczの名に因んでいる。
学名sn Weigela maximowiczii
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/茶花
原産地
distribution
日本(山梨県~秋田県)
花言葉 豊穣
解説
description
キバナウツギはスイカズラ科の落葉樹である。概して深山に見られタニウツギの仲間で、樹高は2~3程度に。若枝は緑色で、開出毛がある。葉は対生し、葉柄はない。葉は長さ3.5~9㎝、幅1~4㎝の長楕円形で、先端は尖る。葉の両面共に有毛。4~6月頃、淡黄色の花を開く。花筒の長さは4㎝前後。下側中央部に黄色で橙色網目文様が入る。ウコンウツギやツクバネウツギと良く似ているが、ウコンウツギの場合、萼は宿存性だが、本種は早落性である。ツクバネウツギは花色が白色又は淡黄色であるが、網目模様の状態が異なる。 
履歴 長野県絶滅危惧Ⅰ類
山梨・埼玉両県絶滅危惧Ⅱ類
東京都・茨城県準絶滅危惧種指定植物 
県花・国花        
古典1
古典2
季語
備考