←トップ頁へ

和名 ギュウキンジョウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
  撮影地:富山中央植物園 
漢字表記 牛筋条
別名・異名
古名
語源 和名は、中国名からの音読みから。
属名はギリシャ語のdichotoma(=2分裂の、二叉分枝の)とamthos(=花)の合成語から。
種小名の語源不詳。(Tristan名の人名とギリシャ語のCarpos(=果実)の合成語かと推測される。)
学名 Dichotomanthes tristaniicarpa
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 牛筋条・紅眼晴・白牛筋
植物分類 バラ科ディコトマンテス属
園芸分類 常緑小高木
用途 薬用(根)
原産地 中国
花言葉
解説 ギュウキンジョウはバラ科の常緑樹である。本種は、中国四川省~雲南省の標高1300~2500m級高地の斜面に広がる樹林帯に自生する灌木である。樹高は2~7m程度となる。樹皮は、平滑で暗褐色~灰褐色。葉は厚味があり濃緑色、長さ3~6㎝、幅1.5~2.5㎝の楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では4~6㎜程度の葉柄に連なり枝に互生する。4~5月頃、茎頂並びに枝先に集散花序を出し、径5~9㎜程度で白色の小花を多数つける。花後には長さ5~7㎜程度で楕円状の果実をつけ黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考